よく聞く『スポーツ外傷』『スポーツ障害』って?どうちがうの?

スポーツ外傷

活動中、身体に急激な大きな力が加わっておこる不慮のケガを「スポーツ外傷」と言います。
骨折・捻挫・打撲などスポーツによる怪我に関する専門知識を身につけ徹底した治療から復帰、怪我の予防までをサポートします。
親しみやすい雰囲気の中、心のケアも含めて治療出来るよう心がけております。

スポーツ障害

スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨、筋肉、靱帯)が酷使されることによっておこるものを「スポーツ障害」と言います。「スポーツ障害」は別名、「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。
スポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があり、それぞれ適した治療予防が必要になります。
スポーツ障害を予防するためには、ウォーミングアップやクールダウン、アイシングといったコンディショニングをしっかり行いスポーツ特性や自分の体力にあったトレーニング行うことです。骨の成長している時期には、無理に同じ練習せず種目やポジションを変えたりして痛みの出ている部位への負担を減らすことも重要です。

整骨院優悠スポーツ外傷